ホワイトニング

当院ではホワイトニング施術の前に初診時リスク検査(有料)を受けていただいております。
あらかじめご了承ください。
ホワイトニング施術の流れ

事前に問診を行いホワイトニングの原理、方法について説明させて頂きます。現在の歯の色をチェックし、ホワイトニングでどこまで白くしていくかの目標を決め、施術前の口腔内写真を撮影します。
ホームホワイトニング|ご自宅での施術がメインになります。 型取り|マウスピース作成のため、歯型をとっていきます。 歯面清掃|歯面のヤニ、茶渋などの着色を落とします。 ※歯石があまりにも多く歯周病が進行している場合は、歯石除去、歯周病治療が必要になる場合があります。 ホワイトニングセットお渡し|マウスピースの適合を確認し、使用法について説明させて頂きます。 ご家庭で好きな時間にホワイトニングしていただきます。(自宅にて2週間) 術後カウンセリング|2週間後に来院して頂き、白くなったか確認させて頂きます。
オフィスホワイトニング|最新ホワイトニング機器「Zoom」を使用した当院での施術です。歯面清掃|歯面のヤニ、茶渋などの着色を落とします。 ※歯石があまりにも多く歯周病が進行している場合は、歯石除去、歯周病治療が必要になる場合があります。ホワイトニング処置|歯を漂泊する薬剤を歯面に塗り、薬剤を活性化させるためホワイトニング専用のライトを照射し漂泊を行います。「ズームアドバンス」方式はホワイトニング先進国のアメリカで、シェアNo.1を誇る最新のホワイトニング方式で、ホワイトニングジェルを塗り、特殊な光を照射するだけで歯を白くするので、健康な歯を傷つけません。フッ素塗布、仕上げ磨き|歯の表面の中和と再石灰化を促すため、にフッ素を5分間トレーにて適応します。その後、歯面に残ったジェルを取り除くため、天然ミネラルを含んだペーストで仕上げ磨きをします。術後カウンセリング|施術後の状態をチェックし鏡で確認して頂き、施術後の口腔内写真を撮影します。※オフィスホワイトニング後、1~2週間で2段階ほど白さが後戻りする場合があります。数日以内にホームホワイトニングを行うと効果的です。




ホワイトニングのメインテナンスホワイトニングの持続期間(後戻り)に関して

ホワイトニング後に再着色が生ずるのは、お口の中にさまざまな物質が取り込まれる以上避けられない事です。しかし適切なメインテナンス(①~③)を行うことによって長期間白さを維持することは可能です。



食事制限とブラッシング

ホワイトニング後は、着色の原因となる飲食物をなるべく避けてください。ただし食事制限も厳格なものではなく、着色しやすいものを召し上がった後に、間を置かずしっかりブラッシングを行えば比較的着色はさけられます。




クリーニング

日常の生活の中で歯の表面に付着してきた汚れを3~4ヶ月に一度、歯科医院にて磨き、歯に着色物質が取り込まれる前に除去します。歯に色素が着色してくることは避けられませんが長時間放置しておくとホワイトニング前のように歯に色素が浸透し再着色してしまいます。
特に、ご自身で気づきにくいですが前歯の裏側の着色は歯の表面に色素が透けて歯を黒く見せます。このような汚れは専用の機械でおとさせていただきます。




タッチアップ

歯に色素が完全に浸透する前に再漂白を行っていただきます。
ホームホワイトニング :1ヶ月に一度、連続3日間
オフィスホワイトニング:6ヶ月に一度

何年分もの着色を1ヶ月、1回で取ったのに比べ、数ヶ月の着色は短時間で十分に取る事ができます。このタッチアップを行うかどうかで、漂白効果が持続するかしないかが決まります。




当院ではホワイトニング施術の前に初診時リスク検査(有料)を受けていただいております。
あらかじめご了承ください。