上尾市、桶川駅からも便利な歯医者さん、ホワイト歯科

歯周病

歯周病リスク評価 OHIS

歯周病リスク評価 OHIS

歯周病リスク評価とは?

患者さん一人ひとり異なる“歯周病のなりやすさ”を評価するソフトウエアです。
歯周病の“なりやすさ”だけでなく、今の状態や未来を一目で分かりやすく表示してくれるため、
患者さんは自分の状態を客観的に見つめることができます。

元ワシントン大学歯学部教授のロイ・クリストファー・ペイジ先生を中心に、アメリカの歯周病専門医グループと
PreViser社が開発した、「歯周病リスク評価OHIS」を使用し、歯周病のリスクをみています。

歯周病の検査結果や顎の骨の下がり度合、喫煙本数などを入力していきます。

 

OHISでわかること

 歯周病のリスク

 

  今の歯茎の状態

 

  過去

 

見た目は健康そうでも”なりにくい”とは限りません。

歯周病はある程度進行しないと自覚症状が出てこないので、

早い段階でのアプローチが大切になってきます。

 

 

関連記事