冷たいもの、うがいでしみて痛い場合は削れてしまった部分を覆うことで改善!
冷たいものを飲む、うがいをするとしみる、むし歯ができた!?と思いやすいケースです。 多くは歯の表面で感覚のない部分が削れてしまう知覚過敏といわれる状態で、削れてしまった部分を覆うと多くは改善します。

《知覚過敏とは?》
知覚過敏の症状で一般的なのは、「一時的に歯がしみる」ということです。虫歯や歯周病などの場合、慢性的な痛みを伴う事が多いのですが、知覚過敏の場合は冷たい物や甘いものを食べる飲むなどしたときに、一時的に歯がしみますが、その痛みはそのときだけ、ということが多いのです。知覚過敏はエナメル質が傷つき象牙質が露出した状態で、象牙質に刺激が加わる事で「歯がしみる」症状につながることが多いため、露出した象牙質を薬で覆う事によって外部からの刺激を遮断することができる場合もあります。あまりにしみる症状がひどい場合は単なる知覚過敏でなく虫歯の初期症状や歯周病で歯茎が下がってきた結果痛みが出たりしていることも考えられますので、早めに歯科の診察を受けてください。


(1)かけたり、削れてしみるのをそのままにすると噛むと痛くなる。(2)神経をとり、歯の中を掃除します(3)防腐剤をいれ、土台をたててかぶせます。
しみる、かけたということがあってそのままでいると、かむと痛くなってきます。 かむと痛くなってきてしまうと、神経をとらないと痛みがおさまらないことが多いです。 上から歯を削り神経を歯のさきで切断します。切断しても、神経の線維が残るので、残った線維をパイプの掃除のように取り除きます。痛みがなくなったら、土台をたてて、かぶせていきます。


何もしていなくても歯が痛い。化膿している場合は膿みを外に出す事が必要。膿んでいる部分から膿みを抜きます。防腐剤をいれ、土台をたててかぶせます。
痛くて寝れない、何もしてなくても痛いという一番強い痛みが出るケースがあります。 原因は大きく分けると二つあり、むし歯が進行して神経が興奮してしまっている場合と、化膿してしまっている場合です。どちらも麻酔が効かないことが多いです。 神経が興奮している場合はかむと痛いときと同じ治療法になります。 化膿している場合、膿が歯から外に出られないことで痛みが出ているので、出口を作ることが必要になります。化膿している部分が大きい場合は、歯を抜かないとおさまらないことがあります。


院長院長からのアドバイス
【冷たいものがしみる、甘いもの食べると歯がいたいかな?】という段階で治療することで、痛み少なく歯が長く使えるようになります。知覚過敏かな?虫歯かな?と少し気になることがあれば、早めにご来院ください。


ホワイト歯科では矯正専門医による矯正無料相談を行っています。治療にかかる期間、費用、方法など、まずはお気軽にご相談ください。