上尾市・北上尾駅・桶川駅の歯科ホワイト歯科ブログ


  • 2017年7月4日



先日、新聞で歯科医院での歯を削るドリル(タービン)の使い回しが問題になり取り上げられていました。

歯を削るドリル(タービン)はお口の中で最も汚染されやすい歯や歯茎の付近で使用されます、その際に出血することも稀ではありません。タービンは回転してドリルを回しますが、その回転が止まる時に周囲の液体を吸い込む「サックバック」という現象が起こります。つまりタービンを高圧滅菌せずに次の患者さんに使い回すと重篤な病気を感染させてしまう可能性があるのです。

歯科医療のキーワードは「安全」です。ホワイト歯科では患者様1人1人にタービンを交換しており、使い回すことは一切ありません。安心してご利用ください。