予防歯科

治療型から予防型の歯科へ

症状が出てから治療するためだけに通う歯科、という現状

日本の歯科医療の現状
日本の歯科医療の現状をご存知ですか。 上図は、現在の日本の歯科医療を表しています。 何か違和感を持ちませんか?? 蛇口の水が出しっぱなしの状態で、男性二人が一生懸命こぼれた水を拭いています。原因をそのままにしていては、拭いても拭いても終わりはありません。 日本の歯科医療も、同じ状況ではないでしょうか。 日本では痛みや腫れなど何か症状が出てから歯科医院を受診するのが一般的です。治療のために歯科医院へ行き、再発すると再度歯科医院へ行くといった治療型のかかり方は、再治療を繰り返しながら結果的に多くの歯の喪失を招いてしまいます。虫歯も歯周病も、痛みが出たときには既に重度に進行してしまっている場合が多く、最終的な治療費も大きくなってしまいます。

世界でも残存歯数の少ない日本

歯科疾患実態調査によると、親不知を除く永久歯28本のうち、60歳で約10本、80歳で約20本を失い、80歳の残存歯数は平均すると5~6本程度です。また、その残っている歯の状態も、健康だとは限りません。80代の約半数は一本も歯がなく、総義歯を使用しています。これは、歯科医院を受診しなかった結果ではありません。歯科医院を治療のために繰り返し受診した結果です。アメリカでは80歳で17本、スウェーデンでは75歳で20本の永久歯が残っています。予防歯科の進んだ国と比較すると、日本では残存歯数が少ないことが分かります。
75歳〜80歳 残存歯数比較
この差を生んでいるのが、予防のためのメインテナンスです。メインテナンス率は、スウェーデンで約90%、アメリカで約80%です。それに対し、日本では5%を切っており、この違いが残存歯数の違いとなって現われています。
メインテナンス率

虫歯も歯周病も予測可能な疾患。予防できる病気です。

日本では虫歯治療は国民皆保険制度によって保障されているため、いつでも誰でも安く治療が受けられます。そのため、知らず知らずのうちに、歯は悪くなったら治療すればいいという考え方が根付いてしまったのかもしれません。しかし、残念ながら、いったん治療した歯は健康な歯よりもろくなってしまいます。また、どんなに精度の良い被せ物をたとしても、どんなに高額な治療を受けたとしても、ご自身の天然歯にかなうものはありません。 現在では、虫歯も歯周病もその病因論が明らかになっており、予防可能な疾患です。科学的に診査、診断し、総合的な判断にもとづいた予防プログラムにそって実践すれば、生涯を通して自分の歯を守ることは可能です。

予防型と治療型の費用比較

予防型と治療型では、歯科治療にかかるトータルコストはどれくらい差が出るのでしょうか?
予防型
費用
メインテナンスは3割負担の患者さんの場合、保険診療で1回約3000円です。年間3回メインテナンスを受けたとしても、1万円もかかりません。 歯の健康は全身の健康とも密接に関係しています。きちんと噛めることで脳を活性化することや、唾液分泌を促すことなども分かってきました。また。口腔の疾患が全身疾患と関 係していることが多くの研究から明らかになってきました。歯周病は糖尿病を加速させ、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます。女性の場合には早産の危険性が高まります。
治療型
費用
痛いときだけ歯医者へ行く治療型葬で通院した場合、症状が出たときには既に虫歯や歯周病が進行してしまっていることが多く、治療費も高額になってしまいます。 例えば、奥歯にインプラント2本、前歯に白い被せ物を2本したとします。インプラント治療の平均額は1本約40万円、前歯の被せ物の平均額は約10万円、合わせて100万円もかかってしまいます。日本人の平均治療本数は50代で約15本、60代で約20本、70代で約25本であることを考えると、治療費は高齢になる程高額になってしまうことが分かります。
予防歯科をしっかりした方の残存歯数の例
しかし、いくら高額な治療費を払い、高度な治療を受けたとしても、残念ながらもともとの自分の歯のように丈夫な状態に戻すことはできません。天然歯に優るものはないのです。歯は人体の中でも特殊な組織で、新陳代謝機能のない組織です。一度失った歯や、歯を支えていた歯槽骨は、二度と再生されません。歯は人体の中でも特殊な組織で、新陳代謝機能のない組織です。一度失った歯や、歯を支えていた歯槽骨は、二度と再生されません。 歯を失ってから高額な治療費がかかるのと、健康を守るためにメインテナンスを受けるのとでは、どちらが賢い歯科医院の通い方だと思いますか?? 当院へかかられる患者様には、是非予防の重要性を認識して頂き、歯を守ることが全身の健康に寄与すること、総医療費の削減につながることを理解して頂いた上で診療を受けて頂きたいと考えています。