予防歯科

虫歯のなりやすさを調べよう

まずご自身の虫歯のリスク(なりやすさ)を知ることが重要

虫歯予防において重要なことは、まずご自身の虫歯のリスクを知ることです。唾液検査を導入したことで、一人ひとりのリスクに合わせた予防方法を提案できるようになりました。 唾液検査をしなければ分からないことがたくさんありaます。虫歯の発症には多くの因子が関係しており、歯磨きだけでは虫歯を予防することはできません。重要なことは虫歯の早期発見・早期治療葬ではなく、虫歯が発症する前からリスクを調べ、個々のリスクに応じた予防方法を実践することです。

虫歯のリスクを唾液から調べるサリバテスト(唾液検査)

虫歯のなりやすさは個人差が大きく、また原因もそれぞれ異なります。当院では、一人一人の虫歯のリスクを調べ、予防プログラムを立案します。 サリバテストでは、唾の量、唾の持つ中和力、虫歯菌の量、食生活、フッ素の使用状況等を把握し、虫歯のなりやすさ調べます。できた虫歯を治療する前に、どうして虫歯ができたのか、どんなリスクがあるのかを知り、リスクを改善し虫歯を発症させない環境を整えることが重要です。生涯健康な歯を守るためには結果葬に対するアプローチから原因葬に対するアプローチへとシフトさせていかなくてはなりません。
サリバテスト(唾液検査)

サリバテストの検査項目

  1. ミュータンス菌の数
  2. ラクトバチラス菌の数
  3. 飲食回数
  4. プラーク(歯垢)の量
  5. フッ素使用状況
  6. 過去の虫歯経験
  7. 唾液の分泌量
  8. 唾液の中和力

サリバテストの結果を見てみよう

サリバテストの結果
ミュータンス菌
ミュータンス菌
ミュータンス菌は虫歯の原因菌です。歯面への付着力がとても強く、一度感染するとなかなか減らない菌です。1歳~3歳頃は感染の窓葬と言われる時期で、主に母親からの唾を介した感染が多いとされています。
ラクトバチラス菌
ラクトバチラス菌
ラクトバチラス菌は、磨き残しが多い、甘いものを頻回に食べる、虫歯の穴や適合不良の被せ物があるなど口腔衛生状態が悪いと増えやすい菌です。しかし、付着能力は弱いため環境が変わることで減少する可能性も高い菌です。
飲食回数
食事や間食、糖類の入った飲み物を摂ると、直後から虫歯菌が酸を産生し、口腔内は酸性に傾き、歯の脱灰(歯面の溶解)が始まります。お水やお茶、無糖のコーヒー・紅茶以外のほとんどの飲食物を摂ることで脱灰が起こります。飲食回数が多いと、歯が溶けている時間が長くなり、虫歯になりやすくなります。
飲食回数
プラークの量
虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌やラクトバチラス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に孔をあけます。
フッ素の使用状況
フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強化する作用があります。虫歯はフッ素欠乏症葬と言われることがある程フッ素と関連が強く、虫歯予防には毎日のフッ素の使用は欠かせません。海外では、虫歯予防のためにフッ素が水道水に添加されている国もあります。日本では、フッ素が水道水に添加されていないため、フッ素配合の歯磨き粉などを毎日欠かさずに使用する必要があります。
過去の虫歯経験
D=decade  ・・・虫歯の本数 M=missing  ・・・喪失歯(抜歯等でなくなった歯) F=filling   ・・・治療が行われている歯 の指数を持って計測します。 一般的にこの指数が高いと虫歯になりやすいといえます。
唾液の量
唾液には、食後酸性になった口腔内を中性に戻し、歯の再石灰化をする作用があります。その他、抗菌作用や湿潤作用など歯を守る様々な作用があります。
唾液の量
唾液の中和力(緩衝能)
唾液には虫歯菌が出した酸を中和し、口腔内を酸性から中性に戻す作用があります。これは唾液中に含まれる重炭酸イオンによるものです。 緩衝能が高いと脱灰時間が短く再石灰化の時間が長くなり、逆に緩衝能が低いと、脱灰時間が長いだけでなく、再石灰化の時間がなくなってしまいます。そのため緩衝能の低いお口では虫歯になりやすいと言えます。一般的に、唾液量が少ない人は、緩衝能も弱い場合が多いです。
唾液の緩衝能