予防歯科

虫歯のなりやすさを調べよう

まずご自身の虫歯のリスク(なりやすさ)を知ることが重要

虫歯予防において重要なことは、まずご自身の虫歯のリスクを知ることです。唾液検査を導入したことで、一人ひとりのリスクに合わせた予防方法を提案できるようになりました。 唾液検査をしなければ分からないことがたくさんありaます。虫歯の発症には多くの因子が関係しており、歯磨きだけでは虫歯を予防することはできません。重要なことは虫歯の早期発見・早期治療ではなく、虫歯が発症する前からリスクを調べ、個々のリスクに応じた予防方法を実践することです。

虫歯のリスクを唾液から調べるサリバテスト(唾液検査)

虫歯のなりやすさは個人差が大きく、また原因もそれぞれ異なります。当院では、一人一人の虫歯のリスクを調べ、予防プログラムを立案します。 サリバテストでは、唾の量、唾の持つ中和力、虫歯菌の量、食生活、フッ素の使用状況等を把握し、虫歯のなりやすさ調べます。できた虫歯を治療する前に、どうして虫歯ができたのか、どんなリスクがあるのかを知り、リスクを改善し虫歯を発症させない環境を整えることが重要です。生涯健康な歯を守るためには結果に対するアプローチから原因に対するアプローチへとシフトさせていかなくてはなりません。
サリバテスト(唾液検査)

サリバテストの検査項目

  1. ミュータンス菌の数
  2. ラクトバチラス菌の数
  3. 飲食回数
  4. プラーク(歯垢)の量
  5. フッ素使用状況
  6. 過去の虫歯経験
  7. 唾液の分泌量
  8. 唾液の中和力

関連記事